2012年03月03日

通信教育でアロマの資格を取得することのメリット、デメリット

私は日本アロマコーディネータースクール(JAS)の通信教育
アロマの資格を取得することにしました。


理由は

1.仕事をしていたので、限られた時間での勉強が必要だった。


2.近所にアロマスクールがなかった。

 ※都会にはありましたが、私が住んでいるのは地方なので近所にはありませんでした。


3.アロマスクールの通信講座は、自宅で出来るので自分の自由がきくため・・・でした。


仕事をしながら遠くの教室に通うのは厳しいですし、なかなか続きません。


また、急な誘いがあったときに誘いを断らなければいけないのも残念な気がします。


反対に教室を休むことにも抵抗を感じてしまいます。


習い事を長続きさせるためには、自分が楽しんでやれる事が一番大切だと思います。


通信教育だと自宅での学習なので、いつでも勉強・学習ができます。


自由がきくので、仕事をしている人にはいい学習方法かなと思います。


けれど、わたしがアロマスクールの通信教育で困ったことがあります。


それはマッサージのレポートを行なう時にモデルがいないということです。


母や姉をモデルにできたので良かったとも思いますが、実際に「こうした方がいいよ」
などの話が聞けないことがアロマスクールの通信教育のデメリットだなと感じました。


もちろんスクール側に問い合わせをすればきちんとサポートはしてくれます。


けれど、生の声をその時その時に聞くことができないのは、ちょっと惜しいような
気がしました。


アロマスクールの通信教育は、自分の自由がきいて便利な反面、教室のような生の声を
聞けないデメリットもついてきます。


どちらを選ぶかは「自分が楽しく学習できる場所」で考えることをおススメします。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| 通信教育のメリットデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。