2012年03月06日

日本アロマコーディネータースクール(JAS)チャイルドケアコースの教材・講座内容

わたしが日本アロマコーディネータースクール(JAS)を受講した時は、
アロマコーディネータの受講を申し込んだ時点で、チャイルドケアコース
含まれていました。


もしも最初の時点で含まれていなかったら「チャイルドケアコース」を
受講しなかったかもしれません。


当時、わたしは独身でしたし、もちろん子供もいなかったので、
チャイルドケアコースを受講する意味があまりなかったからです。


赤ちゃんにマッサージをする・・・などのレポートは本当に悩みました。


たまたま、私には姉が子供を産んだ頃だったので、レポートの時には
手伝ってもらいましたが、身近に小さな子供がいない場合はレポートを
どうするのかな・・・?と不思議でした。


多分、スクールの方にきちんと伝えれば何ともないとは思います。


最初は「チャイルドケアコース」に全く興味のなかったわたしですが、
友達が赤ちゃんを産んだときには「チャイルドケア」を勉強したことが
役立ちました。



友達は、ベビーマッサージにとても興味がありました。


わたしがアロマコーディネーターの資格とチャイルドケアを習って
いたので、
相談をしてくれたのでした。


勉強をしている当時は何のために勉強しているのかをあまり理解
できなかったわたしですが、人の役に立ったことでわたしも
チャイルドケアコース」を学んで良かったと思いました。


それに、自分が子供を授かった時にも何か役に立つかもしれない
ですものね。


チャイルドケアコース」の一番最初のレポートは自分の小さい頃の
ことの話だったと思います。


このレポートは印象に残っていて、自分の赤ちゃんの頃のことを母親に
聞くきっかけにもなりました。



自分の小さい頃の話を聞くことによって絆も増えるのでいいコースだと
今は、思っています。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| チャイルドケアコース教材講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。