2012年03月12日

アロマコーディネーターの資格は実際に就職や仕事に役立つかどうか

アロマコーディネーターライセンスの受験に合格すると
アロマコーディネータライセンス認定書」を授与されます。


額に入れてくれているものが郵送されてくるので、すぐに
部屋に飾りました。


※注意:「アロマコーディネータライセンス認定書」ですが、ひょっと
 すると協会へ入会してから送られて来たかもしれません。


アロマコーディネータライセンスの受験に合格してから、
日本アロマコーディネーター協会(JAA)に入会しました。


1万円くらいだったか?協会に年会費?のようなものを支払いました。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)に入会してから毎月、
冊子のようなものが送られてきたと思います。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)
では求人も閲覧できる
ようになっていたので、たまに求人欄を覗く程度はしていました。


私の場合は現時点で、「アロマコーディネーター」の資格が仕事に
役立っているか
というと・・・。


全く、役立ってはいません。


私の場合は今現在アロマセラピーの資格を使うような仕事をしていないため、
役に立っていないんですが、例えば、サロンなどで就職を希望するならば
役立つ
と思います。


けれど、私も全く役立っていないわけではありません。


医療現場で仕事をしているのですが、私がアロマセラピーを好きだと
いうことを知っている上司が「加湿器にアロマの精油を使ってみたら?」
と提案してくれたことがあります。


好きな精油を購入していいということだったので、万人に好かれる
ような精油を選んで購入したことがあります。



もしも、私が「アロマコーディネーター」でなければ、上司もこんな風に
言ってくれなかったと思うので、資格を取得して良かったと思っています。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)に掲載されている求人には、
アロマコーディネーター優先」といった企業もありましたので、
「アロマコーディネーター」の資格を取っておくと、就職にも有利かな
思います。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| ライセンス資格は就職有利? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。