日本アロマコーディネータースクール(JAS)は、(社)全国産業人能力開発団体連合会認定(JAD)に安心して 受講できる教育団体であると認定された、優良講座です。

当サイトでは、日本アロマコーディネータースクール(JAS)を実際に受講して修了した元受講生の日本アロマコーディネータースクール(JAS)受講体験談を掲載しております。

「アロマテラピーを学んでみたいけど、実際のところはどうなの?」

という方の手助けになればと思います。

今、日本アロマコーディネータースクールの資料請求をすると、A、Bいずれかの
アロマコーディネーターライセンスの生かし方ガイドが無料でもらえます。


A.めざせ!アロマコーディネーター〜活かせる資格を取る〜

B.アロマセラピーのサロンを開く〜実例&開業マニュアル〜
☆資料請求で人気なのはこちらのマニュアルだそうです☆


パソコンから公式HPへ⇒日本アロマコーディネータースクール(資料無料)!!

他の講座とも比較したい方へ⇒ケイコとマナブ通信講座で一括資料請求

※一括資料請求の場合は、アロマコーディネーターライセンスの生かし方ガイドはもらえませんので、ご注意下さい。


2012年03月14日

アロマコーディネーターという資格について

あこ「アロマコーディネーター」という資格は、日本アロマコーディネーター協会
(JAA)
のみが認定・使用できるアロマセラピーのライセンス名称なので、
アロマコーディネーターという資格が欲しい人は、JAA直轄校で学ぶ事を
オススメします。


このアロマコーディネーターという資格を持っていれば、自宅でアロマの教室を
開くことも可能です。


自宅の一角でサロンを開くことも可能なので、夢が膨らむ資格だと思います。


私の住んでいる地方ではなかなか難しかったカルチャースクールで講座を
開く事も出来る
そうです。


最寄のカルチャースクールに問い合わせをしてみるのもいいですよ。


あとは、病院、介護施設、専門学校でもアロマセラピーを授業で
取り入れているところもあるそうです。


アロマコーディネーターとはどんな資格かといえば・・・
アロマセラピーの専門家」のような感じでしょうか?


使い方・注意などをアロマセラピーを知らない人に教えてあげる事が
できる資格だと思います。


ただ、アロマコーディネーターという資格は民間の資格なので、
アロマテラピーの仕事に就くには有利かと思いますが、全く違う
職種の場合は履歴書に書いてもあまり意味はない
かもしれません。


アロマコーディネータの資格がない人でもショップ等で働いていますし、
どうしてもアロマコーディネーターの資格が必要だとも言い切れいない
のが現状かなと思います。


私も、アロマコーディネーターの資格は取得しましたが、現在は利用
していません。


けれど、精油の使い方や注意等をしっかりと学んでいれば、仕事の幅も
広がる
と思いますし、アロマセラピーに興味を持った人に教えてあげる
ことも出来ます。


アロマセラピーのことを知らない人は、何もかもが分からないので、
アロマコーディネイターの資格を持っている人がいると力強く感じます。


そんな場面にいつあうか分からないので、決して無駄にはならない
資格だと思います。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| アロマコーディネーターとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

日本アロマコーディネータースクール(JAS)と日本アロマ環境の違い

アロマセラピーの資格を取得できる場所は、日本アロマコーディネータ
スクール(JAS)だけではなく、他にもたくさんあります。


私が知っているのは、日本アロマコーディネータースクール(JAS)
日本アロマ環境の二つです。


どちらもアロマテラピーの検定を受ければ認定書をくれます。


私は日本アロマコーディネータスクール(JAS)も日本アロマ環境も
両方とも受験しました。


なので、両方の資格を持っている(正確には持っていた)事になります。


しかし・・・。日本アロマ環境では、協会に入会している間しか資格は
有効になりません
でした。


よって、私は途中で退会してしまったので資格も無効になっていると思います。


JAAのアロマコーディネーターの方は、年会費を支払わなくなると資格が
休止状態のような形になります。



年会費を支払っていない間は、「アロマコーディネーター」を名乗れないという
ことです。


ですが、日本アロマコーディネーター協会(JAA)を一度退会しても、
また年会費を支払えば、復活できる
んです。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)の会員をやめてしまって一度アロマコーディネーターの
資格を失っても、手続きをして年会費を支払えばコーディネーターの資格は復活するので、
資格自体は失われない点は、JAAの方がいいと思います。


日本アロマコーディネータースクール(JAS)と日本アロマ環境の違いは、
協会のシステムが違うくらいだと思います。


日本アロマコーディネータスクール(JAS)と日本アロマ環境の資格の名前は違いますが、
アロマセラピーの学校やショップで働く時には有利な資格になると思います。


試験の内容は、どちらかというと、日本アロマ環境の試験の方が難しかった
記憶しております。


それは、日本アロマ環境の方は自宅での受講はなく、会場に足を運ばないと
受験できなかったことも関係
しているかもしれません。


あとは、日本アロマ環境の試験では香りを当てるという問題があるので、
その勉強に一番力を入れました。


もちろん試験用のキットもあるのでそれも使いました。


どちらの資格もきちんとした協会の運営の元での活動なので、どちらを
選んでもしっかりとアロマセラピーを学ぶことができます。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| アロマの資格を学べる場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

アロマコーディネーターの資格は実際に就職や仕事に役立つかどうか

アロマコーディネーターライセンスの受験に合格すると
アロマコーディネータライセンス認定書」を授与されます。


額に入れてくれているものが郵送されてくるので、すぐに
部屋に飾りました。


※注意:「アロマコーディネータライセンス認定書」ですが、ひょっと
 すると協会へ入会してから送られて来たかもしれません。


アロマコーディネータライセンスの受験に合格してから、
日本アロマコーディネーター協会(JAA)に入会しました。


1万円くらいだったか?協会に年会費?のようなものを支払いました。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)に入会してから毎月、
冊子のようなものが送られてきたと思います。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)
では求人も閲覧できる
ようになっていたので、たまに求人欄を覗く程度はしていました。


私の場合は現時点で、「アロマコーディネーター」の資格が仕事に
役立っているか
というと・・・。


全く、役立ってはいません。


私の場合は今現在アロマセラピーの資格を使うような仕事をしていないため、
役に立っていないんですが、例えば、サロンなどで就職を希望するならば
役立つ
と思います。


けれど、私も全く役立っていないわけではありません。


医療現場で仕事をしているのですが、私がアロマセラピーを好きだと
いうことを知っている上司が「加湿器にアロマの精油を使ってみたら?」
と提案してくれたことがあります。


好きな精油を購入していいということだったので、万人に好かれる
ような精油を選んで購入したことがあります。



もしも、私が「アロマコーディネーター」でなければ、上司もこんな風に
言ってくれなかったと思うので、資格を取得して良かったと思っています。


日本アロマコーディネーター協会(JAA)に掲載されている求人には、
アロマコーディネーター優先」といった企業もありましたので、
「アロマコーディネーター」の資格を取っておくと、就職にも有利かな
思います。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| ライセンス資格は就職有利? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。