日本アロマコーディネータースクール(JAS)は、(社)全国産業人能力開発団体連合会認定(JAD)に安心して 受講できる教育団体であると認定された、優良講座です。

当サイトでは、日本アロマコーディネータースクール(JAS)を実際に受講して修了した元受講生の日本アロマコーディネータースクール(JAS)受講体験談を掲載しております。

「アロマテラピーを学んでみたいけど、実際のところはどうなの?」

という方の手助けになればと思います。

今、日本アロマコーディネータースクールの資料請求をすると、A、Bいずれかの
アロマコーディネーターライセンスの生かし方ガイドが無料でもらえます。


A.めざせ!アロマコーディネーター〜活かせる資格を取る〜

B.アロマセラピーのサロンを開く〜実例&開業マニュアル〜
☆資料請求で人気なのはこちらのマニュアルだそうです☆


パソコンから公式HPへ⇒日本アロマコーディネータースクール(資料無料)!!

他の講座とも比較したい方へ⇒ケイコとマナブ通信講座で一括資料請求

※一括資料請求の場合は、アロマコーディネーターライセンスの生かし方ガイドはもらえませんので、ご注意下さい。


2012年03月05日

日本アロマコーディネータースクール(JAS)マッサージコースの教材・講座内容

日本アロマコーディネータースクール(JAS)には、アロマコーディネーターの
勉強だけでなく、マッサージの勉強も出来るシステムがあります。


アロマコーディネーターの資格を取得した後にサロンなどで就職しても
いいようにだと思います。



私もアロマコーディネータの資格を取得した後にマッサージコースも
勉強することにしました。


うろ覚えなのですが、わたしは資料請求をしたときにマッサージコースも込みでの
申し込みをしたと思います(→そうすることで受講料が安くなったと思います。)


日本アロマコーディネータースクール(JAS)のマッサージコースは実際に
マッサージをしてからレポートをかくので、母や姉をモデルにしました。


最初はマッサージがうまく出来ませんでしたが、何度も練習するとうまく
出来るようになりました。


教材はビデオ(今の時代ならDVDかもしれませんね(笑))とマッサージの仕方等が
掲載された教本、レポートがあった
と思います。


あとは、マッサージに必要なオイルやアロマの精油もついていたと思います。


サロンでの就職を考えている人ならば、マッサージコースを受講するといいと
思います。



サロンでの実践がすぐに対応できるのでおススメです。


わたしはサロンでの就職を考えていなかったのであまり真剣には勉強しません
でしたが、今でも自宅でマッサージをしてあげることがあります。


サロンへ行く金額を考えれば安く済みますし、主人のように男性のマッサージを
してくれるサロンはほとんどありません。


家で主人に肩や腰のマッサージをしてあげると喜んでくれるので、習ったことを
無駄だとは思いません。


マッサージを習うことで長い間アロマを楽しめると思うので、
アロマコーディネータとセットでの受講が個人的にはいいと思います。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| マッサージコース教材・講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

日本アロマコーディネータースクール(JAS)の教材・講座内容

アロマコーディネータの教材はたくさんありました。


アロマの精油も何本だったかは忘れてしまいましたが、セットになっていました。


レポートで化粧水やパック・ハンドクリーム・リップなどを
実際に作る
ことがあるので、その材料も全てセットされていました。


また、すり鉢の様なもの、ビーカーなど理科の実験で使うようなものもありました。


教材はファイルにセットされていました。


一枚・一枚はずせるので私としては、嬉しかったです。


本の教材って折り目が気になったり、分厚いものになると折りにくいので・・・。


精油の効能が書いてある冊子もありました。


精油を使うときに「どんな時に使うといいか」などが詳しく書いてあったので
とても使い勝手が良かったです。


日本アロマコーディネータースクール(JAS)の講座内容
至って簡単なものでした。


必要なものは全てそろっていたので、順番にレポートを作成していくだけでした。


一番楽しかったレポートは、実際に自分で使えるものを作るものでした。


理科の実験のようなカタチで、お家で簡単に作成できるのですごく楽しかったです。


使っているとアロマのチカラをすごく感じることができるのも魅力でした。


ハンドクリームは出来るだけたくさん作って、職場でも使っていました。


職場で使うと香りのせいなのか「何を使っているの?」と言われる事もありました。


アロマセラピーは今、多くの女性に指示をされているので、少しアロマセラピーの
ことを知っているだけで話も弾んですごく楽しかったです。


レポートさえ提出すればいいので、講座内容は全く難しいと思った事は
ありませんでした。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| アロマスクールの教材・講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

通信教育でアロマの資格を取得することのメリット、デメリット

私は日本アロマコーディネータースクール(JAS)の通信教育
アロマの資格を取得することにしました。


理由は

1.仕事をしていたので、限られた時間での勉強が必要だった。


2.近所にアロマスクールがなかった。

 ※都会にはありましたが、私が住んでいるのは地方なので近所にはありませんでした。


3.アロマスクールの通信講座は、自宅で出来るので自分の自由がきくため・・・でした。


仕事をしながら遠くの教室に通うのは厳しいですし、なかなか続きません。


また、急な誘いがあったときに誘いを断らなければいけないのも残念な気がします。


反対に教室を休むことにも抵抗を感じてしまいます。


習い事を長続きさせるためには、自分が楽しんでやれる事が一番大切だと思います。


通信教育だと自宅での学習なので、いつでも勉強・学習ができます。


自由がきくので、仕事をしている人にはいい学習方法かなと思います。


けれど、わたしがアロマスクールの通信教育で困ったことがあります。


それはマッサージのレポートを行なう時にモデルがいないということです。


母や姉をモデルにできたので良かったとも思いますが、実際に「こうした方がいいよ」
などの話が聞けないことがアロマスクールの通信教育のデメリットだなと感じました。


もちろんスクール側に問い合わせをすればきちんとサポートはしてくれます。


けれど、生の声をその時その時に聞くことができないのは、ちょっと惜しいような
気がしました。


アロマスクールの通信教育は、自分の自由がきいて便利な反面、教室のような生の声を
聞けないデメリットもついてきます。


どちらを選ぶかは「自分が楽しく学習できる場所」で考えることをおススメします。
posted by アロマコーディネータースクール at 21:00| 通信教育のメリットデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。